エアロ工房

機体紹介空撮写真館空撮VIDEOLINK掲示板

EPPボディ電動スケールヘリ 「コマンチ風ヘリ」(2005.6.11)

ベース機体 ハミングバード3D pro
ボディ重量 35g(塗装済)
材質 3mm45倍EPP
キャノピー 0.2mm塩ビ板平板製作
ボディー接合 マジックテープ接合

目的

EPPを使用して軽く整備性もよく実用性のあるスケールボディーヘリを作る。

工法

型紙製作→試作確認後EPP写し。

塗装

バンパープライマ→ラッカー塗装
上部ボディーをはずした様子

上部がまるごと分離できますので機体の整備性もよくバッテリー交換も容易です。

なお、接合はマジックテープ端面付けで行います。キャノピー前部には引っ掛けがあります。ボディーとスキッドは特に固定する必要はありません。出来なりで十分OKでした。

マジックテープの様子

下部ボディーは補強も兼ねて全面マジックテープ貼り付け。

上部はとびとびでテープをつける。軽いボディーなのでマジックテープ端面付けでも全く問題ない様子。端と端をつぶすように押さえるとしっかりつく。

尾部の様子

テールパイプの補強をそのままでとりつけられるのがミソ。振動や強度の変化は全くありません。

アンプ外付け

夏季仕様としてアンプの外付けを行いました。ローター風にさらせば夏でもオーバーヒートはありませんでした。ただリポにとっては30℃以上の外気温は厳しいので注意が必要です。

なおスケールヘリにはアンプスイッチが必須です。バッテリーを接続後ボディーをかぶせるのに1分くらいかかります。

【参考】1号機ボディー

飛行機用のキャノピーで余った(失敗した)キャノピーを流用した。下部にはEPPでハーフボディーを製作。EPP曲面製作が可能なことを実証した。スケール的には実機ロビンソンをイメージしたが結果的にカルトバロンのイメージになった。

 

【参考】2号機ボディー

アグスタをイメージしてEPPで製作したが脚の位置関係と飛行機用キャノピーを流用した関係でスケールでもないオリジナルボディーとなってしまった。設計図の大切さを再認識する結果となった。
ボディーの接合がセロハンテープでバッテリー接合や充電は窓から行う少し作業性の悪い機体だった。しかし飛んでいる姿はカッコイイ!

ボディー重量28g

▲戻る